« 未公開株その後 | トップページ | 世界一 »

ユキヒロ氏、7 年ぶりの新作

    BLUE MOON BLUE 高橋幸宏氏の 7 年ぶりのソロアルバム「BLUE MOON BLUE」を購入。Sketch Show の「LOOPHOLE」でやったようなエレクトロニカ的なトラックの上に、ヴォーカルを載せて唄モノにするというコンセプトのようです。

     特筆すべきは、単にサウンドだけがエレクトロニカ的なんじゃなくて、曲構成自体も、エレクトロニカのミニマル的な構成を踏襲していること。したがって、ポップスの黄金パターンである ABABC みたいなクライマックスのある構成はまったく放棄されています。

     そんなんでポップスとして成立するのかなあと思いきや、聴いてみると意外とイケてるんですね、これが。まあ、ボクはいい加減音楽ズレしてるのでそう思うのかもしれませんが、ひょっとして、現在ちょっと閉塞気味のポップスの今後の進むべき方向は、こっちかもしれない、と思わせるものがありました。

     「LOOPHOLE」を聴いたときにも、多少そういう予感はあったのですが、唄モノの本作を聴いて、ますますその予感が強まったという感じ。「音楽殺人」や「ニウロマンティック」も、インストの YMO で培った技術を唄モノに応用するという趣がありましたが、ちょうどその図式が再現された格好です。

|

« 未公開株その後 | トップページ | 世界一 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/9184983

この記事へのトラックバック一覧です: ユキヒロ氏、7 年ぶりの新作:

» ブルー・ムーン・ブルー Blue Moon Blue [憂鬱天国 - my blue heaven -]
今日は高橋幸宏さんの「Blue Moon Blue」です。 まずは、帯のコピーがいいじゃないですか。 [続きを読む]

受信: 2006.04.02 07:46

« 未公開株その後 | トップページ | 世界一 »