« eマンション | トップページ | モラル・ハザードと悪者探しの関係 »

ポピュリズム批判に効果がないわけ

 ポピュリズム批判っていうのは、どうも、「人間は外見じゃない、中身だ」みたいな台詞と似たところがあって、言ってること自体は間違ってないのかもしれないけど、あんまり実効性がないんですよね。

 もちろん、外見がよくても中身がなかったらダメでしょうけど、じゃあ、外見が悪ければ中身が悪くてもいいのかと言ったら、そんなことはなくて、それはなおさらダメダメなわけでしょう。っていうことは、もともと、外見がいいか悪いかというのはつけたりで、中身のことだけ言えばいいはずなんですよね。

 美女やイケメン男性を使うのが悪いのなら、刑事コロンボみたいなヨレヨレのおっさんばかりだったらいいの? わかりやすいスローガンがダメなら、わかりにくいことを長々としゃべればいいの? それだって、わざとやれば逆の意味でポピュリズムになるだけでしょう? だから、結局、政策の内容を具体的に批判していくしかないんですよね。

 もちろん、おしゃれにも、素材のよさを引き出すような洗練されたおしゃれと、無理矢理飾り立てるようなやぼったいおしゃれがあるんだけど、それすらもやっぱり、モデルに着せてみてはじめてわかることですからね。服だけを見て論じても意味がないわけ。

 気取って言えば、ポピュリズム批判は、ポピュリズムと同じぐらい表層的になる宿命を負っている、とでも言いましょうか。

|

« eマンション | トップページ | モラル・ハザードと悪者探しの関係 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/7344292

この記事へのトラックバック一覧です: ポピュリズム批判に効果がないわけ:

« eマンション | トップページ | モラル・ハザードと悪者探しの関係 »