« Amazon.com の Digital Locker は更新が遅すぎる | トップページ | Excel の用語集を MultiTerm IX にインポートする方法 »

辛口≠悪口

 最近、どうも朝日の書評欄の質が低下してきたような気がします(書評欄だけじゃないだろう、という意見はさておき(^^))。山形浩生さんが書いていたころがなつかしい。

 山形氏の書評は、口調は乱暴に見えても、抑えるところはきちっと抑えているので、たとえ自分が個人的に好きな作家をけなされても、あんまり腹がたたない。むしろ、そういう見方もあるよな、と納得させられてしまいます。

 これは、松ちゃんの映画評とかもそうで、ぼくは宮崎駿監督が大好きなのですが、いくら松ちゃんに「『千と千尋の神隠し』は星 0 個だ」と酷評されても、あんまり腹がたたないのね。

 これは単に、ぼくが山形浩生や松本人志のファンであるからだけではなくて、彼らの批評には、辛口批評が抑えるべき基本ポイントみたいなものが抑えられているからだと思います。いま具体的に説明してるヒマはないけど。

 これは単なる印象批評ですが(^^)、最近は、こういう辛口批評の表面だけをマネして、そういう基本ポイントを押さえられていない、言い換えれば、辛口と悪口の区別のつかない粗雑な批評が増えているような気がします。素人ならまだいいですけど、プロだったら、そういうところこそ意識しないとダメだと思うよ。

|

« Amazon.com の Digital Locker は更新が遅すぎる | トップページ | Excel の用語集を MultiTerm IX にインポートする方法 »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/6362919

この記事へのトラックバック一覧です: 辛口≠悪口:

« Amazon.com の Digital Locker は更新が遅すぎる | トップページ | Excel の用語集を MultiTerm IX にインポートする方法 »