« 身長と配役 | トップページ | 夕凪の街桜の国 »

軽さの美

 細野さんの音楽には、昔から、いい意味である種の軽快さというか風通しのよさがありました(その特徴は、ときに重苦しいほどにいろんなアイデアの詰めこまれた教授の音楽と並ぶと、特に際立っていた)が、「メゾン・ド・ヒミコ」のサントラは、その軽快さが前面に出た作品と言えるでしょう。

 雰囲気としては、モナド時代の「Medium Composition」とか、「Omnisightseeing」とか、コシミハルさんとのコラボ作品「SWING SLOW」なんかに近くて、「ランチタイム・ミュージック」的な要素が強いのですが、よく聴いていると、Sketch Show でやったエレクトロニカ的な技法とか、「COCHIN MOON」を思わせる瞑想的な要素とか、細野さんがこれまで培ったいろんな技の断片も発見できます。また、そういういろんな技が、これ見よがしにではなく、さりげなくしぶ~く使われているところが、いかにも細野さんらしいところと言えるでしょう。

 強烈なインパクトはありませんが、BGM として聴いていると、つい心地よくてずっと聴き続けてしまう、という感じの作品です。

|

« 身長と配役 | トップページ | 夕凪の街桜の国 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/5707112

この記事へのトラックバック一覧です: 軽さの美:

« 身長と配役 | トップページ | 夕凪の街桜の国 »