« iTMS 日本版始動! | トップページ | 運命の瞬間 »

Devastating bomb dropped on Japan

 Children's History of the 20th Centuryという子供向けの歴史の本にのっている、1945 年 8 月 6 日の記事。

At 8:15 a.m. this morning an American bomber plane called Enola Gay released its solitary bomb over the city of Hiroshima in Japan, and a new era in warfare began. As a result of a single atomic explosion, an estimated 80,000 people were killed instantly, and much of Hiroshima has simply ceased to exist. The people at the center of the blast have been completely vaporized, with charred shadows their only remains. Radiation levels in the area are dangerously high. A mushroom-shaped cloud of smoke and dust rising 5 miles (8 km) in the air above the city is all that can be seen. Relying on the explosive power of an atomic reaction, the atom bomb has been developed by an international team of scientists in the United States in a top-secret operation code-named the "Manhattan Project." The US launched the attack after Japan failed to surrender unconditionally, although rumors persist that this unprecedented use of nuclear weapons was unnecessary. What is clear now is thatJapan will either have to surrender or face further nuclear attacks. The Allies believe the attack will lead to an end to the war.

(拙訳) 今朝午前 8 時 15 分、エノラゲイという名のアメリカの爆撃機が、日本の広島市上空で、たった 1 個の爆弾を投下したとき、戦争史は新時代の幕を開けた。この一回の原子爆発で、約 80,000 の人が即死し、広島市のほとんどがあっさり消滅した。爆心地の人々は、焼け焦げた影だけを残し、完全に蒸発した。現在、この地域の放射線レベルは、危険域まで上昇しており、見えるのは、広島市上空 5 マイル (8 km) まで舞い上った、キノコ形をした煙と塵の雲だけである。原子爆弾というのは、原子反応の爆発力を利用した爆弾で、「マンハッタン計画」というコードネームを持つアメリカの極秘プロジェクトの中で、国際的な科学者のチームにより開発された。アメリカは、日本が無条件降伏に応じないのを見て、このような未曾有の兵器を使う必要はないのではないか、という根強い世評の残る中、攻撃に踏み切った。もはや、日本が降伏しなければ、さらなる核攻撃に直面することは明らかである。連合国は、この攻撃が戦争に終止符を打つことを信じている。

(注: この歴史書は、同時代の新聞記事の形式をとっているので、昔のことであるにもかかわらず現在形で書いてある。)

この本は洋書にしてはわりとニュートラルかな? もっとも、出版社はイギリスなので、そのせいかも。

|

« iTMS 日本版始動! | トップページ | 運命の瞬間 »

ニュース」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/5314497

この記事へのトラックバック一覧です: Devastating bomb dropped on Japan:

« iTMS 日本版始動! | トップページ | 運命の瞬間 »