« Innocent | トップページ | The Economist では »

shoot-to-kill

 この警官は、 shoot-to-kill order というものを受けていたということです。威嚇ではなく、最初から射殺目的で撃ってよい、ということでしょうね。辞書にはいい訳語が見当たりませんが。

 自爆テロ犯は、胴体に explosive を装着していることが多いので、胴体ではなく頭を狙わんといかんのだそうです。

 昔のジェームス・ボンドの映画では、コードナンバー 007 を持つスパイだけが人を殺してよい、ということになっていたんだけどなあ(^^)。

 あと、ホントかウソか知らないけど、ブラジルでは、ワイロをとって市民を撃つような警官がいっぱいいるので、このブラジル人が逃げたのも無理はない、みたいなこともどっかに書いてありました。

|

« Innocent | トップページ | The Economist では »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/5139839

この記事へのトラックバック一覧です: shoot-to-kill:

« Innocent | トップページ | The Economist では »