« 機械用語大辞典 CD-ROM 版 | トップページ | ホモ用浴場の設計 »

Encarta の性(ヒト)

 たまたま Encarta の「性(ヒト)」という項目を読んでいたら、いきなり、

また、性行為をする相手は1人だけときめている人もいれば、複数のパートナーをもつ人もいる。

(C) 1993-2003 Microsoft Corporation. All rights reserved.

とか書いてあったんで、ちょっと驚いてしまいました。

 これがまだ、宗教や文化によって違う、とか書いてあるんなら別ですが、これじゃ単に個人の選択の問題みたいですよね(^^)。どうしてこうなっているのか、英語のアーティクルをそのまま訳しただけなのか、事情はよくわかりませんが。

 じゃあ Britannica はどうなっているんだろうと思って、"sexual behaviour, human" という項目を読んでみると、さすがにややキリスト教文化中心の記述にはなっているものの、Encarta よりずっと詳しくて面白いです。もちろん、ちゃんと "Social control of sexual behaviour" という項目もあります。

In conclusion, the cardinal lesson of anthropology is that no type of sexual behaviour or attitude has a universal, inherent social or psychological value for good or evil - the whole meaning and value of any expression of sexuality is determined by the social context within which it occurs.

(拙訳)結論としては、性行動や性的態度の社会的もしくは心理的価値に、普遍的・本質的な善悪はなく、セクシュアリティの表現がもつ意味や価値は、その表現が行われた社会的文脈によって異なる、というのが人類学の教えるところです。

(と言いつつ、Sadomasochism や exclusive homosexuality は preliterate society でも極めて稀だ、と冷静に書いてるのも面白いですね。)

 こうして見ると、やっぱ Britannica は読みでがありますね~。Encarta は、ソフトウェアとしての使い勝手とかマルティメディア機能とかはいいんだけど、アーティクル自体は質・量ともに不満がありますね。英語と日本語の電子百科事典を 1 つずつインストールしておきたいと思ってるんだけど、日本語の方は、マイペディアスーパー・ニッポニカに乗り換えようかしら(^^)。

|

« 機械用語大辞典 CD-ROM 版 | トップページ | ホモ用浴場の設計 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/5073118

この記事へのトラックバック一覧です: Encarta の性(ヒト):

« 機械用語大辞典 CD-ROM 版 | トップページ | ホモ用浴場の設計 »