« にわかバレーファン | トップページ | Encarta の性(ヒト) »

機械用語大辞典 CD-ROM 版

 「機械用語大辞典」という電子辞書を買ってみました。値段も高いし、インターネット上の口コミ情報も少ないので、おっかなびっくりという感じだったのですが、これはわりと「当たり」のようです。

 翻訳者の使う辞書というのは、日外アソシエーツで出してる専門用語対訳集のシリーズみたいに、収録語数がむやみと多くて、そのかわり説明が少ない(上の対訳集なんか、ほとんど訳語だけでなんの説明もない)ものと、岩波の理化学辞典みたいに、収録語数はある程度絞られているが、解説が詳しいものに分けられます。(もう一つ、非常に狭い分野に特化した用語集というのもあって、この場合には、収録語数が少なくてもかなり役に立つことがあります。もちろん、分野が広く、収録語数が少なく、なおかつ、説明も少ない辞書というのは、ほとんど使いどころがありません(^^))

 背景知識が十分にあって、訳語の選択を誤らない自信のある分野であれば、前者の方がありがたいのですが、それほど詳しくない分野で泥縄式にキャッチアップしたいような場合には、後者のような辞書が役立ちます。

 この「機械用語大辞典」はどちらかというと後者で、日外の「CD-専門用語対訳集 機械・工学17万語」に比べれば、収録語数は約 1 万 5 千語と少ないのですが、解説は図解などもあって非常に詳しく、必ずしもこの分野が専門でない人が専門書を読む際にかなり役立ちそうです。

 これまでは、同じような用途で「英和・和英 機械用語図解辞典」というのを使っていて、これもなかなかいい本なのですが、収録語数 (約 1 万) でも解説の詳しさでも、「機械用語大辞典」の方が少しずつ上回っているようです。

 なにより、「機械用語大辞典」は CD-ROM 化されているところがいいです。なぜか商品の説明にはどこにも言及されていないのですが、フォーマットは EPWING なので、当然、Jamming などを使っての串刺し検索も可能です。

 この辞書、EPWING なのに、なぜか EPWING コンソーシアムのサイトにものってないし、インターネット上の口コミ情報も少ないのですが、値段の高さに目をつぶれば、かなり「使える」辞書だと思いますよ。

|

« にわかバレーファン | トップページ | Encarta の性(ヒト) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/5067872

この記事へのトラックバック一覧です: 機械用語大辞典 CD-ROM 版:

» 英和対訳軍事用語ブログ057 [英和対訳軍事用語ブログ]
  英和対訳軍事用語ブログ収集した軍事関係の用語を英日対訳形式で提供しています。入手した用語集、役に立つサイト等についても取り上げています。_________________________________________________________... [続きを読む]

受信: 2005.07.21 03:21

« にわかバレーファン | トップページ | Encarta の性(ヒト) »