« オレンジレンジパクリ疑惑考 | トップページ | 田原さんと財部さん »

カニ座の怪獣はカニそっくりか

 円谷チャンネル BB で、ウルトラシリーズ 2 作を鑑賞。

 帰ってきたウルトラマンの「暗黒怪獣 星を吐け!」という話は、怪獣が星(恒星)を食べるという壮大な設定で印象に残っていたのですが、今見たらかなりひどい設定でした。

 野暮を承知でツッコミを入れると、まず、北斗七星が次々と食べられてしまうのですが、北斗七星は地球から見れば互いに近接しているように見えても、実際には地球との距離がかなり違うので、空間的に近接しているとは限らないはず。もっとひどいのは、怪獣を見て「あの怪獣はカニそっくりだからカニ座から来た怪獣に違いない」とか言うところ。星座名は地球人が勝手につけた名前で、しかも中国とかでは違う名前で呼んでいたはず。さらに、ウルトラマンがもぐりこんだ怪獣の体内には「地球を角砂糖1個ぐらいの大きさに圧縮するほどの圧力がかかっている」らしいのだが、ウルトラマンがそんな圧力に耐えられるのなら、普通の怪獣に叩かれたぐらいでダメージを食らうのもおかしくないか。最後にウルトラマンが怪獣をやっつけて星を吐き出させると、吐き出した星が自然に元の位置に戻るのだが、どういう物理的作用によるものかまったく不明。

 私服の岡隊員がかなり短いミニスカートを履いていたのもちょっと印象的でした(ほとんど今時の女子高生みたい。ちなみに、「女子校生」と書くと、微妙に違う意味になるらしい(^^)。)。調べてみると、ツィッギーが来日してミニスカートブームを起こしたのが 1967 年 (帰ってきたウルトラマンの放映は 1971 年) で、ちょうどそういう時代だったんですね。

 ウルトラセブンの「盗まれたウルトラ・アイ」は、佳作として定評ある作品ですが、今見てもなかなかよくできていると思いました。子供のころはまったく気づかなかったけど、当時の若者風俗に対する年長世代の違和感みたいなものも表現されていたんですね。ウルトラセブンの放映は 1967 年で、ビートルズ来日のちょうど翌年。脚本は、確か小谷野敦氏も好きだと言っていた、ライブドアにのっとられたらニッポン放送への出演をやめると言った(^^)市川森一氏の手によるもの。

|

« オレンジレンジパクリ疑惑考 | トップページ | 田原さんと財部さん »

テレビ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/4532372

この記事へのトラックバック一覧です: カニ座の怪獣はカニそっくりか:

« オレンジレンジパクリ疑惑考 | トップページ | 田原さんと財部さん »