« いまさらテンピュール | トップページ | またおかしいぞ、Amazon »

書評とバックグラウンド

 ある翻訳家の方がわりと褒めていたので、安藤進氏の「翻訳に役立つGoogle活用テクニック」を取り寄せてみたのですが、正直すでに実践しているテクニックばかりで、ほとんど得るところはありませんでした。

 まあ、ぼくは元来ソフト屋なので、文科系の人が書いたパソコンを使いこなすテクニック、みたいな本を読むと欲求不満を感じることが少なくありません。だからたぶん、ぼくの感想にはあまり一般性はなくて、どうもコンピュータは苦手、みたいな翻訳者の人にとってはやっぱり有益な本なのでしょう。

 ただ、誰も思いつかないような高度なテクニックが書いてあるわけではないので、自分は翻訳もやるけどプログラムのセンスもある、みたいな人にとっては、それほど面白い本ではないかもしれないよ、とだけ書いておきます。

|

« いまさらテンピュール | トップページ | またおかしいぞ、Amazon »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/4646645

この記事へのトラックバック一覧です: 書評とバックグラウンド:

« いまさらテンピュール | トップページ | またおかしいぞ、Amazon »