« 内政干渉 | トップページ | 銀行レース »

Lust

 レイ・ハラカミさんの「Lust」が届いたので、早速聴きまくっておりますが、やっぱりすごいです。でも、その魅力を言葉で説明しようとしても、なかなかうまくいかないんですよね。

 ハラカミさんの音楽は、決して俗っぽくない。超俗的である。にもかかわらず、決して難解でも高踏的でもない。極めて親しみやすい響きがある。そこが不思議なところ。

 そういう意味では、ちょっとサティに似てるかもしれませんね。ポップスはサティから始まったみたいなことを言ってた人がたしかいたけど、ハラカミさんは、制度化してしまったポップスの世界に現れた現代のサティ、なのかも知れません(^^)。

 なんて、一応もっともらしいことを書いてみたけど、こんなゴタクは聞き流して(^^)、とにかく機会があったら一度聴いてみてくださいな。

 細野さんの「終わりの季節」のカバーは、これまた、日立の CM でやってた「あなた」のアレンジを思わせる、ぶっとんだアレンジです。こういう唄ものだけのアルバムも聴いてみたいなあ。竹村さんの「ソングブック」以上の傑作になるかも。

|

« 内政干渉 | トップページ | 銀行レース »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/4323825

この記事へのトラックバック一覧です: Lust:

» レイ・ハラカミ『lust』(’05) [Dream Merchant Blog]
学生時分、宅録の好きな親友がいた。 そいつの家に遊びに行くと「おう、ま、これ作曲したから聞いてくれ」といって もろ坂本龍一にインスパイアされた楽曲群を聞かされ、そして語ったものだ。 「うーん、これは受けないね。」 彼はDJでもあり、私も数多くの音源を彼に提供しては、「どうやってフロアを 湧かせるか」なんて一緒に考えたりもしてたけど、そういった日頃の反動が、 彼の習作に結びついているのかな、とも思っていた。 なぜかこのレイ・ハラカミの新作にも、ふとその親友に近い匂いを感じた。 他人に受けるとか受... [続きを読む]

受信: 2005.05.31 00:00

« 内政干渉 | トップページ | 銀行レース »