« ITCH | トップページ | 世界の民の声 »

中国の歴史認識

 ワシントンポストに、日中問題について、かなり日本に好意的(というか、中国に手厳しい)コラムがのってますね。日本人が歴史から目を背けているというなら、中国はどうなんだ。もっとヒドイじゃないか。という感じの論調。

 日本人が南京大虐殺の 30 万の犠牲者を軽く見ているというなら、毛沢東の「大躍進」による 3000 万の犠牲者はどうなるんだ。中国の教科書にはまったく書いてないじゃないか。

 内政ではなく外交が問題だというかもしれないが、中国の子供は、1950 年のチベット侵攻や 1979 年のベトナム侵攻だって教わってないじゃいか。だいたい、第二次世界大戦だって、共産党のゲリラだけで勝ったことになっていて、真珠湾も硫黄島もミッドウェーも出てこないじゃないか。

みたいなことが書いてあるんだけど、その論調はさておき、ここに書いてある「愛国教育」の内容にはちょっと驚きますね。そんなことも教えてないのかあ、という感じ。だって、「大躍進」なんて、まだ 50 年もたってないんだから、実際に体験してる人だってたくさん生きてるはずなのに。

 偏向しているという噂だけはよく聞くけど、その具体的内容については、日本ではあまり情報が流れていないような気がするんだけど、気のせいかなあ。ひょっとして、中国について知るにも、日本語の本を読むより洋書を読んだ方がいい、なんてことになってると、ちょっとマズいのでは(^^)。

|

« ITCH | トップページ | 世界の民の声 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3762902

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の歴史認識:

» 中国反日デモ 海外が見る背景 [=社説は語る=]
『 The Washington Post (05/04/18)』 China's Selective Memory - 中国の身勝手な記憶  日本は武力を禁じた憲法と、経済的原動力を持ち、世界最大の対外支援国家であり、また国連に対する最も寛大な後援者である。しかし、国連安保理常任理事国である中国は、日本が中国と同じ地位に就く資格がないとの考えを明確にしている。  「日本は、真正面から歴史を直視する必要がある」と、中国の温家宝首相が先週説明した。  これを受け入れることは日本のためでも... [続きを読む]

受信: 2005.04.19 20:31

« ITCH | トップページ | 世界の民の声 »