« RSS のススメ | トップページ | コバヤシさんじゃなくてイトイさんだった »

子供番組とトラウマ

 仕事が一段落したので、久々に円谷チャンネル BB でセブンと新マンを数作見ました。

 特に、新マンのシーモンスとシーゴラスは、かなりいろんなことを思い出させてくれました。ぼくは、スマトラ沖地震の津波の映像を見たとき、なんか、自分の中にある津波のイメージと違うな、という気がしてしょうがなかったのですが、その津波のイメージと言うのは、たぶん、この作品の特撮のイメージだったんですね。あのシーモンスの唄も、子供のころよくマネして唄ってました(^^)。

 やっぱり、こういう子供番組が、子供の心に与える影響ってバカにならないと思いますね。そう言えば、新マンには「怪獣使いと少年」という伝説的な作品があるのですが、これにトラウマを受けた人は少なくないようです。

 これはトラウマじゃないけど、「ぐりとぐら」のホットケーキなんかも、自分の中のホットケーキのイメージにかなりの影響を与えていると思いますね。ぼくはいまだに、あの絵本の中のホットケーキのイメージに匹敵するほど美味しいホットケーキを食べたことがなくて、ホットケーキというものは、もっと美味しいはずだ、という感覚がどうしても抜けません(^^)。

 そう考えると、子供向けの作品を作るって、やりがいもあるだろうけど、そら怖ろしい仕事でもあるな、と思いますね。

|

« RSS のススメ | トップページ | コバヤシさんじゃなくてイトイさんだった »

おすすめサイト」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3835891

この記事へのトラックバック一覧です: 子供番組とトラウマ:

« RSS のススメ | トップページ | コバヤシさんじゃなくてイトイさんだった »