« Scientific American | トップページ | ところで »

ブログの書き直し方

 立花隆氏が、記事の訂正について長々と語っていたのを読んで思い出したのですが、ぼくも、自分のブログを部分的に書き直すことはよくあって、どのように書き直すべきなのか、迷うことがあります。

 つまり、世の中に間違った情報を流さない、という意味では、間違いはできるだけ訂正した方がよいのだけれど、筆者の責任をはっきりさせる、という意味では、いつのまにかこっそり訂正する、というのはよくない。でも、訂正後の記事だけ読む人からみれば、訂正の跡が残っているのはウルサイということがあります。

 そこで、とりあえず今のところは、筆者の責任が問題になるような部分では、明示的に訂正し、どーでもいいような部分は痕跡を残さず書き直す、というようなやり方をしています。ただ、「責任が問題になるような部分」という判断には、ある種の価値判断が含まれますから、完全に客観的に行うということは難しいんですよね。言い換えれば、こちらにとってはどーでもいいような間違いでも、一部の人にとってはすごく重大な間違いである可能性もないとは言えないわけです。

 そう考えると、表面上は痕跡は残らないが、確認しようと思えば、訂正履歴を確認できるというシステムが欲しくなります。また、そういうシステム的な支援があれば、問題発生を怖れるあまり気楽に書けなくなるというような懸念も、ある程度解消されるでしょう。

 たとえば、Wikipedia などは、誰がいつどのような変更を行ったかという履歴が、すべて残るようになっている(おそらく、CVS のようなソース管理システムをヒントにしたと思われる)ので、文責があいまいになる怖れはまったくないわけですが、ブログにもこういうシステムがあったほうがいいのかもしれません。

 ただ、これ以上システムが複雑になると、ただでさえシステムの負担に苦しんでいるプロバイダーさんが、悲鳴をあげる可能性もありますね(^^)。

|

« Scientific American | トップページ | ところで »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3657320

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの書き直し方:

« Scientific American | トップページ | ところで »