« 岩井本への疑問・2 | トップページ | 新クール »

緊張感の効用

 asahi.com さんに「企業とは何か」という記事が出てて、株の持ち合い復活を正当化するようなことが書いてあるんだけど、これって違うと思うんですよねえ。

 前にも書いたけど、そもそも、会社を株主の「もの」ということにしたからといって、他のステークホルダーの利益が害されるとは限らないし、逆に、持ち合いを認めれば、ステークホルダーの利益が守られるという保証もなにもないと思うんですよ。

 だいたい、単に株主の力を弱め、他のステークホルダーの力を強めたいだけなんだったら、別に持ち合いを認めなくったって、法的な制限を加えるとか、他にいくらでも方法があるはずです。

 さらに言えば、この記事は、日本の株式市場は株価が低い -> 買収のリスクが大きい -> 企業防衛が必要、みたいなロジックになってるけど、逆だと思うんですよね。

 むしろ、買収のリスクがないからこそ、健全な株価形成がされにくくなっているんであって、割安になったらいつ買収があるかわからないとなったら、一般株主も簡単に株を手放せなくなるので、投機的な動きが減って、健全な株価形成が促進されると思うんです。そうなれば、買収のリスクは逆に減るはずなんですよね。

 しつこいようだけど、あんまり、誰の「もの」とかいう言葉にこだわらないで、いろんなステークホルダーの利益がバランスよく反映されるには、どういうシステムがよいか、というふうに考えた方がいいと思うんですけどねえ。

|

« 岩井本への疑問・2 | トップページ | 新クール »

ニュース」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3579802

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張感の効用:

« 岩井本への疑問・2 | トップページ | 新クール »