« ご都合主義的伝統 | トップページ | 好感度アップ »

これはなかなか

 フジ対ライブドアについて、毎日インタラクティブこんな記事が出ています。これは、ぼくが今まで読んだ中では、一番重要なポイントを押さえた記事だと思います。学芸部の記者さんなのに、経済のこともよく勉強しているみたいで、ぼくなんかが言うのもなんですが、えらいです。

 特に、

 「放送と通信の融合」と放送局幹部が言う場合、収益構造や制作システムは今のままで、ネットと連動した商売をするという意味でしかない。しかし、衛星放送やネットの世界では、より細かな視聴者ニーズに向けて格段に低いコストで番組を作っている事業者たちがひしめき合っている。本来の意味での「融合」は放送局に、優越的地位からの脱却と制作費や人件費の大幅削減を含む抜本的な経営改革を求めることになる。

というのは、このブログでも遠まわしに言及してきたけど、重要なポイントだと思います。

 つまり、はっきり言って、放送局が本格的にインターネットに進出しても、必ずしも得にならないばかりか、むしろ、既得権を失って自分で自分の首を絞めることになる可能性が高い。だからぼくは、放送局が自ら進んでそういう道を選ぶかについては、非常に懐疑的でした。たぶん、もし選ぶとしても、失った既得権以上の売り上げや利益を、インターネット業界でも得られる場合だけなんじゃないでしょうか。

 つまり、もしテレビ局が本気でインターネットに進出しようとするなら、テレビを握っているという優位性を十分に生かしつつ、少しずつコンテンツを小出しにしながら、インターネット事業での利益を増やしていき、インターネット事業だけでも放送事業と同等の利益と雇用を確保できる、という見極めがついた時点で一気にシフトする、というやり方をしたいはずです。

 でもそれは、最初からインターネット業界でやっている方から見れば、「じょーだんじゃねえよ、後から来た奴にそんなに美味しい所ばっか持ってかれてたまるかよ」っていう話なんですよ。しかも、「自分の本業は法律で保護されてるくせによ」みたいな。

 つまり、放送業界からはインターネット事業に参入できるが、インターネット業界からは放送事業に参入できない、という状態で、テレビ局のインターネット本格参入を許してしまえば、イコールフッティングでないハンデ付きの競争になってしまうわけで、これだって相当アンフェアなんですよ(どうも、多くの人は、この不公平さを過小評価してるように見える)。だから、むこうがそうくるなら、先手を打ってファウルぎりぎりのプレイででも反撃してやるぞ、という発想が出てきてもおかしくないと思います。

(ついでに言えば、ファウルぎりぎりのプレーは、ブーイングの対象にはなっても、ファウルそのものではありません。ブーイングがあるからと言って、ファウルぎりぎりのプレーをファウルにしてしまえば、ルールはメチャメチャになってしまいます。)

 だから、そういう仁義なき闘いを避けるためには、放送局側にも、放送事業とコンテンツ制作事業を切り離して、たとえ放送事業では損することになっても、コンテンツをインターネットを含めて幅広く解放し、コンテンツ事業で元をとっていく、という態度が必要だと思うんだけど、はてさて、現在の放送局に、そこまでの度量があるかどうか。見守っていきたいと思います。

|

« ご都合主義的伝統 | トップページ | 好感度アップ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ジャーナリズム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3156645

この記事へのトラックバック一覧です: これはなかなか:

» 【ライブドア関連】不死鳥のはばたきに焼かれるもの [さいたまblog]
湿った雪の舞うボールパーク、沸きあがる地熱を帯びたようなエンジ色がたくましく躍動している。球界の盟主だろうが何だろうが、相手はどこでもよい。とにかくこの一戦に勝... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 00:13

» ババを引く前に。。。 [空のつぶやき]
そしてまた今日も「livedoor VS フジ」話(苦笑) 昨日、新株予約権の発行差止請求の第1回審問があって、未だ結果もでないのに。。。イヤ、結果が出ないから... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 06:44

» あれあれ、フジテレビさん? [NARI---BLOG]
ライブドアとの揉め事の最中に、テレビ番組に携帯で参加できる仕組みを作ろうと、とある会社と子会社作ってた。 やっぱりその気はあったのね、フジテレビさん。(まあ携... [続きを読む]

受信: 2005.03.04 14:34

« ご都合主義的伝統 | トップページ | 好感度アップ »