« おーっと、実は楽天が!? | トップページ | 職業に貴賎はないって、教わらなかった? »

成果主義より能力主義では?

 「成果主義、労使とも9割が「問題」」という記事が asahi.com に出てるんですが、どうなんでしょうねえ。ぼくは、サラリーマンをやめて結構長いので、「成果主義」と呼ばれる制度が、現場で実際どのように運用されているのかもあまり知らないのですが、もし文字通り、成果をできるだけ収入に反映させる、という意味だったら、そんなのうまくいきっこねーだろう、と思うんですけどね(^^)。

 だって、人がなぜわざわざ会社なんていう組織に縛られようとするかと言ったら、かなりの部分がリスクヘッジのためでしょう。つまり、もともと能力と成果の間には、相関関係はあっても、決定論的な因果関係があるわけではないので、能力のある人はそれに見合った成果が得られる、というのは、平均値としては正しいとしても、常にそうなる保証はなくて、実際には、能力のある人だって失敗することはあるし、能力のない人がまぐれで成功することもあるわけでしょう。

 だから、自分が失敗しても、他の人が助けてくれたり、あるいは、直接的なフォローではないにしろ、別の場所で成功して全体の帳尻を合わせてくれたり、あるいは、全体が低調な時期にも、資本の力で持ちこたえたりというような、いろんな意味でのリスクヘッジ機能があるからこそ、会社に入る意味があるわけでしょう。

 それを、完全に成果連動にしてしまうんだったら、社員というより、単なる出入り業者の寄せ集めと変わらなくなってしまうわけだから、必ずしも、会社全体の利益を考えて行動するとは限らないし、ライバル同士が協力し合うという保証もなくなるのは、むしろ当たり前という気がするのですが。

 だから、会社の社員の評価としては、基本的には、成果主義より能力主義のほうが正しいような気がするんですけどね。つまり、たまたま今回は失敗したけれど、君はベストを尽くしたし、運も悪かったし、君だけのせいじゃない、というようなことまで見てもらえるんでなけりゃ、会社に入る意味なんてない(みんな自営業者になったほうがいい(^^))と思うんですけど。違うかなあ。

 もちろん、能力主義だって、あまり教条的に徹底したらおかしなことになるんで、要はバランスの問題でしょう。だいたい、最近の新制度学派みたいな人が書くインセンティブ設計の本とか読んだって、そんな「成果主義まんせー」みたいなことどこにも書いてないと思うんですけどね(^^)。いったいどーゆーことになっているのやら、よくわかりません(^^)。

|

« おーっと、実は楽天が!? | トップページ | 職業に貴賎はないって、教わらなかった? »

ニュース」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3403243

この記事へのトラックバック一覧です: 成果主義より能力主義では?:

« おーっと、実は楽天が!? | トップページ | 職業に貴賎はないって、教わらなかった? »