« 質より量 | トップページ | おーっと、実は楽天が!? »

「失踪日記」入手!

 そうそう、吾妻さんの「失踪日記」、やっと手に入りました(^^)。

 たしかに、ホームレスの生活とか、アル中患者の生活とかを、こんな風に淡々と描いたマンガと言うのは、前代未聞なんでしょうねえ。また、だからこそ、社会の矛盾とかいうドキュメンタリー的な切り口からは絶対に見えてこない、人間性の側面を描き出すことにも成功していると思います。

 ただ、ぼくのような昔からの吾妻ファンにとっては、これは往年のあじま調そのものであって、むしろ、それが健在であることに感激したという感じですね。もともと、吾妻さんはエッセイマンガがうまいですし、びんぼーネタや奇人変人ネタは得意中の得意ですからね。だから、吾妻さんならこの程度のものは描けて不思議はまったくない、という感じがむしろしました。

 あと、ビッグマイナーと言われた時代のマンガ家生活の裏話も描いてあったのが、ファンにとっては掘り出し物でしたね。なんであんなに出来不出来があったのか、どの作品を本気で描いてて、どの作品を投げてたのか、よくわかりました(^^)。

 突然思い出したけど、ぼくは、並んだりするのが嫌いなので、サイン会とかほとんど行ったことがないのですが、紀伊国屋でやった吾妻さんのサイン会だけは行ったことがあるんですよね。

 サイン会慣れしてないものだから、隣のアドホックでわざわざ色紙を買って行ったら、色紙はダメですって言われて、でも好きな作品はすでにほとんど購入済みだったから(^^)、たいして好きでもない「格闘ファミリー」かなんかをその場で買って吾妻さんに渡したら、他の人はサインだけなのに、何も言わずにちょこちょこっとイラスト描いてくれたんですよね。

 意外とやさしい吾妻さん、ホントに復活おめでとうございます。

|

« 質より量 | トップページ | おーっと、実は楽天が!? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3389923

この記事へのトラックバック一覧です: 「失踪日記」入手!:

« 質より量 | トップページ | おーっと、実は楽天が!? »