« 電子書籍書店検索用 Mycroft プラグイン | トップページ | MSCB »

バラエティは芸能界の価格破壊か

 なんか、いい加減バラエティというものに飽きてしまいました。今頃飽きたのか、と思う人もいるかも知れないけど。(^^)

 もともと、芸能人というのには、ある種雲の上の人というイメージがあったからこそ、庶民性を垣間見せることがギャップになって面白かったわけですよね。でも、今やバラエティにしか出てないタレントとかも増えてきて、そういう人が庶民性を見せても、正直、だからなんだよ、という感じになってきた。

 最近はもう、何を聞いてもネタに聞こえてしまう。でも、わざわざネタを作って発表するんだったら、プロが本気で作ってるネタ番組を見たほうがましですよね(だからネタ番組が流行ったのかしら(^^))。それでも、ダウンタウン DX とかは、あまりにもウソ臭い話には突っ込みを入れたりするから、まだ見てられるんだけど。

 あえて暴論かませば、バラエティっていうのは、実態以上の神秘化によって高価格カルテルを維持していた芸能界の価格破壊みたいなもんだったのかも知れませんね。でも、今や採算ギリギリの安値が当たり前になってきて、そこで突出しようとすると、非常識やアンモラルや掛け値なしの犯罪までをも売り物にするしかなくなってきたのかもしれない。

 経済とのアナロジーでいくなら、ここでふたたび、芸の力によって他と差別化をはかるような高付加価値戦略が出てくるはずなのですが、はてさて。。。(^^)

|

« 電子書籍書店検索用 Mycroft プラグイン | トップページ | MSCB »

テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/3017159

この記事へのトラックバック一覧です: バラエティは芸能界の価格破壊か:

« 電子書籍書店検索用 Mycroft プラグイン | トップページ | MSCB »