« 明石歩道橋事故に対する疑問 | トップページ | 配当 vs 内部留保 »

歴史を動かす人、動かされる人

 ビデオに撮りためてあった「新撰組」を数回分見直してみました。

 このドラマで1つ印象的なのは、他の歴史物ではわりといい役に描かれることが多い、勝海舟と西郷隆盛がかなり悪役になっていることですよね。それに対して、新撰組の連中は、人を斬ったりもしたけれど、根はいいヤツなんだ、という感じに描かれている。

 つまり、歴史を動かす人=ヤな奴、歴史に動かされる人=イイ奴、という図式ですね。

 これは、かわぐちかいじ氏の「ジパング」なんかでもそうで、このマンガでは、歴史を俯瞰で見てよりよい方向に動かそうとする人たちと、歴史の内側にいてその中で最善をつくそうとする人たちとの間の葛藤、というのが、よりはっきりと1つのテーマになっていますね。

 これは多分偶然の一致ではなくて、それこそ時代がそういうものを求めているということがあるんだと思うんですね。それはもちろん、単純な進歩史観の終焉とか、一種のリビジョニズムの影響とか、いろんなことがあるんでしょうけど。

 昔、宮崎駿氏が、「歴史を動かすのは悪人だ」という発言をしていて、そのときはまったくピンとこなかったんですけど、歳をとるにつれて、だんだん何が言いたかったのかわかるような気がしてきました。まあ、それを誤解を招かないように説明しようとすると、なかなか難しいのですが(^^)。

|

« 明石歩道橋事故に対する疑問 | トップページ | 配当 vs 内部留保 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/2309402

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史を動かす人、動かされる人:

« 明石歩道橋事故に対する疑問 | トップページ | 配当 vs 内部留保 »