« 眉毛ふぇち? | トップページ | MT 導入記1 »

電子署名のすすめ

 みなさんそうだと思うのですが、私のところもスパムの数は増える一方です。

 メール・クライアントには Becky! を使っているのですが、BkASPil というプラグインができてから、スパム対策はずいぶん楽になったとは思います(製作者の方々に感謝)。

 ただ、このようなアンチスパムソフトによるスパム判定は、100% 正確ということはありえないので、メールを削除する前に一応内容をチェックするという作業を完全に省くことはできません。仕事関係のメールがスパムにまぎれこんでは大変なので、このチェックは1日1回は行わなくてはならず、結構な時間をとられます。

 このような作業のためのコストや、アンチスパム・アンチウィルスソフトの開発費、それらが動作するための CPU などのリソースの消費量などが、全世界でどれほどになるかを想像すると、スパムやウィルスの発信元に対して怒りを禁じえません。

 いろんな人が言っていることですが、スパム対策の根本的な手段は、やはり、電子署名(もしくは、それに類する認証技術)の普及しかないと思うのです。けれども、ぼくらのような業界人を別にして、一般の方の間での電子署名の認知度はまだまだ低いと言わざるをえません。おそらく、最も普及率の高いメール・クライアントであると思われる Outlook には、電子署名の処理機能が標準で装備されているので、もっと利用されてもいいと思うんですけどね。

 電子署名は、スパム対策ばかりでなく、メールを暗号化して情報の漏洩を防いだり、改竄を防止して取引上の「言った、言わない」の争いを防ぐのにも役立つ(というか、こちらの方が本来の使用法かもしれませんが)のですが、電子メールはいくらでも盗聴や改竄が可能だと言うこと自体、まだまだ一般には知られていないようです。

|

« 眉毛ふぇち? | トップページ | MT 導入記1 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/2145716

この記事へのトラックバック一覧です: 電子署名のすすめ:

« 眉毛ふぇち? | トップページ | MT 導入記1 »