« あれ? | トップページ | 島田紳助事件の不幸な構造 »

中国人がやってくる

  IBM が PC 部門を中国の Lenovo に売却というニュース、やっぱ驚きますね。

 相手先が中国の企業だということもそうですが、それに驚いた自分にもちょっと驚きましたね。別に中国をナメていたつもりはなかったのですが、頭ではわかっていても、感覚レベルではまだまだわかっていなかったということか。

 たとえば、この Slate Magazine のコラムなんか見ても、アメリカ人自身も同じような捉え方をしてるようですね。" The news is not earth-shattering. " (このニュース自体はそれほど驚くような話じゃない) が、" The surprise in the Times story is the potential buyer " (驚くのは、その売却先だ)。

 「グローバリズム万歳」でも「アジアの脅威再び」でも、お好みの解釈を選べ、って書いてますね。フリードマンは「レクサスとオリーブの木 」ならぬ「レクサスと春巻き」を書け、クライトンは「ライジング・サン」の続編だ、とか(^^)。 あはは。

 日本の PC ユーザーの間では、ThinkPad だけは残して欲しいという意見が多いようですが、これはまったく同感です。(大和のみなさん、ヨイショに非ず。)

|

« あれ? | トップページ | 島田紳助事件の不幸な構造 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/2209450

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人がやってくる:

» Thinkブランドよどこへ行く [そこはかとなくもがく]
IBMが中国のLenovoという会社に、パーソナル PC 部門を売却したという話 [続きを読む]

受信: 2004.12.09 22:48

» IBMのユーザーを拒否する [Troubled days 悩み多き日々]
 IBMからユーザー宛のメールをもらったが、空しい限りである。IBMのパソコン(PS55・・→ThinkPad) は、そ [続きを読む]

受信: 2004.12.11 12:52

« あれ? | トップページ | 島田紳助事件の不幸な構造 »