« ブログの社会的影響の評価 | トップページ | 年賀状がもうできた! »

安倍なつみさんの盗作疑惑

 悪口は書かないという舌の根も乾かないうちに、悪口っぽくなってしまいますが。(^^)  このサイトの記事を見る限り、正直、弁護のしようがない感じですねえ。

  パクりなんて日常茶飯事だみたいなことを言う人もありますが、もちろん、みんなやってるからいいということにはならないし、それを別にしても、そういう作品の多くは、少なくとも、意図的なものか、単なる偶然の一致か断定できないぐらいのレベルにはなっています。でも、ここまで一致度が高く、しかも、それが一作品だけではなく、何作も続くということが、偶然起こる確率は、それこそ天文学的数字でしょう。

  「昔から素敵だなと思った詩やフレーズをノートに書きとめておくようにしていました。そして詩を書くときにそのノートを参考にしながら書いたりしていて、結果、人の詩やフレーズに勝手に手を加えた形で発表してしまいました。本当に軽率な行動でした」という釈明も、ちょっと意味不明ですよね。

  この中の「結果」というところはは、「結果として盗作みたいになってしまったけど、悪意はなかった」と言いたいように聞こえます。でも、自分でノートに書きとめたものを、自分の作品に使っておいて悪意じゃないというのは、どの程度の利用が著作権の侵害にあたるかがまったくわかっていなかったか、あるいは、自分でノートに写したと言うこと自体を忘れてしまったかぐらいしか有り得ないわけで、悪人でないとすればXXすぎだろう、と言わざるおえません。

  あと、ゴーストライター説というのもありますが、自分の名義で発表しておいて、本人が書いたと思われることによって受ける利益を享受している以上、損害だけを他人のせいにするのは虫がよすぎるでしょう。少なくとも、法律のレベルでは。

  ただ、それとは別の人間性の面で弁護できる可能性があるとすれば、事務所やゴーストライターが勝手にやったことで、本人はまったく関知していなかったとか、子供のころから芸能界という特殊な世界にいて、著作権侵害というのがどういうことかわかっていなかった、とかいうあたりでしょうか。ただ、いまさらそういう真相を明らかにするのも難しいでしょうねえ。

  モーヲタさんの多くは厳粛に事実を受け止めているようですが、一番大変なのは、小さい子供のファンを持つ親御さんじゃないですかねえ。いったいどういうふうに事件を説明するのでしょうか。罪なことになってしまいましたね。

|

« ブログの社会的影響の評価 | トップページ | 年賀状がもうできた! »

ニュース」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

法律」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/2138675

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍なつみさんの盗作疑惑:

« ブログの社会的影響の評価 | トップページ | 年賀状がもうできた! »